京大生の日本脱出ブログ。

旧理系院生の3×。 国外逃亡を企てる京大大院生の日記。
アメリカ大学院留学に挑戦中!! 





初めての方はこちらの記事へ。



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




初めての方はこちらの記事へ。



教授に叩かれたぞ!!~続編

tatです・・・・
昨日、外国人を道案内するときに

「あのインターセクション(交差点)が見えますか?」

って聞くところを

「あのインターコースが見えますか?」

って聞いてしまったとです。
tatです・・・・
インターコースって何って人はこちら
その外人が丸い目をして驚いているのを見たワンテンポ後に、私も間違いに気づいて、大慌て。

「インターセクションインターセクションインターセクションインターセクション!!」

と、必死に繰り返してしまった。
繰り返したからといってインターコース発言が消えるわけではないのだが。
っていうか街中でインターコースが見れたらやべぇよな。

インターつながりですが、インターナショナルトークの続きはもうちょっと待って下さい。
明日くらいにアップしようかな。


今日は昨日の続き。
昨日のことで自分の研究室の教授に相談にいったんですよ。
ちなみにこの教授もアメリカ帰り。
20年むこうで暮らしてから帰国した筋金入りの渡米組です。

「カクカクシカジカとおっしゃられる先生もおられたのですが、先生はどうしてアメリカに行こうと思ったのですか?」


と聞いたんです。そしたら、

「このまま日本に居ても先が見えてるなという閉塞感」

と自分が考えてることと、また昨日のM教授と同じことをおっしゃられた。
結局みんなおんなじジャン(笑)
よかった。

「明確な目的意識はあったんですか?」

て聞いたら、

「ないないそんなもん
 なんとなく行きたかったから行っただけや」


「そうですか・・・(ホッ)
 自分は正直言って、
 世界のヒノキ舞台で 冒 険 したいっていうだけで、
 別にこの分野のこれがしたいって言う
 特定の目的はないんです」


「十分やがな。
 あっち行って暴れて来い!
 俺だって今まで特別の目的があって
 研究したり仕事してきたわけやない。
 そのときそのときでやりたいと思ったことを
 やってるだけや。
 そしたら今こういう地位にいるけど、
 ただそれだけのことやぞ」


というお話を聞いて、ほっとしました。
やっぱりアメリカ行き決意してよかった。
後から後悔のないように一生懸命頑張るだけやね。
よし、明日から頑張ろう!!(←何を?笑)

とまあ、こんな風にかる~く書きましたが、アメリカの大学院生活は異常に辛いらしいんですよ。
どれくらい辛いっていうと、

【“教授に叩かれたぞ!!~続編”の続きを読む】
スポンサーサイト
PR

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。