京大生の日本脱出ブログ。

旧理系院生の3×。 国外逃亡を企てる京大大院生の日記。
アメリカ大学院留学に挑戦中!! 





初めての方はこちらの記事へ。



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




初めての方はこちらの記事へ。



祇園祭に行ったぞ!!

外人に

「日本の祭りはどうですか?」

って聞くと、必ず

「very interesting」

って言われるんだけど、

「but, not exciting?」

っていうと爆笑される日本のお祭り、その代表たる祇園祭りに行ってきました。
宵山。

gion1.jpg


思えば、幼稚園児のころの嫌な経験が私を捻じ曲がった人間にしたように思うんです。
その捻じ曲がった経験とは金魚すくいの縁日で起こったのです。
金魚すくいで15匹捕まえた私はルンルン気分で店のおじちゃんに皿を渡したのだけど、

「沢山捕まえたら金魚ちゃんがかわいそうやろ?だから少し減らすね~」

って言われて三匹まで減らされたのです。
どこにも

「三匹まで」

なんて書いてないのに!
ピュアな子供だった私は大変傷つきました。
それ以来大人は嘘をつくものだという事実を心に刻み続けてきました。
大人は信用できないのだ。
そりゃあ根性も曲がるでしょ。

祭りといえば縁日。
縁日とはまさしく、

「いかに客を騙すか」

に尽きるおもう。
そうです、そもそも祭りとは、”騙し”の温床なのですよ。
客が子供であっても容赦はしない。
さっきの金魚の話や、くじ引きの

「プレステ2あたります。はずれくじなし」

などはその好例でしょう。
プレステは当たらないし、はずれくじはあるのだ。
騙すか騙されるか。
獲るか獲られるかである。
というわけで、私のポリシーは

「祭りは金を使わず楽しむ」

なのです。
騙されてたまるもんですか!!

このような態度で挑んだ祇園祭、やはり予想通り騙しがまかり通っていた。
最近の縁日では騙しの極みとしてこんなものまであるのだ。

【“祇園祭に行ったぞ!!”の続きを読む】
スポンサーサイト
PR

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。