京大生の日本脱出ブログ。

旧理系院生の3×。 国外逃亡を企てる京大大院生の日記。
アメリカ大学院留学に挑戦中!! 





初めての方はこちらの記事へ。



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




初めての方はこちらの記事へ。



IQ180のNASA職員が失踪。

今日はまじめにいきたい。
私は学内で英語講義のTA(講義補佐)をやっている。
今日はその講義の先生(アメリカ人)が教えてくれたちょこっとびっくりした話でもしよう。

ある日、生徒が先生の昔の写真をネット上で発見し、クラスにもってきた。
大学生時代の寮の集合写真のようで、写っている人の全員がヒッピールックなのが時代を感じさせる。
いたずら半分で先生に見せると、さすがに「wao!!!」と大声をあげてびっくりしたが、われわれ生徒がびっくりしたのはそこに写っていた、「先生の一番の親友」という人の話だった。

その親友という人は一風変わった人で、在学中からプログラミングか何かの事業をしていたらしい。
どのくらい儲かっていたかは知らないが、学生にしてそのとき30歳くらいだったというから変わり者には違いないだろう。
IQはなんと180以上あったらしい。
つまり金田一少年と同じくらいの推理力はあったってことです。
身長は良く覚えてないけど2mくらい。学歴、IQ、身長どれも高い。
だけどヒッピー。
クールですね。

そして卒業後、なんとNASAに就職。NASAではなにか重要な仕事についていたらしい。
詳しくは聞いていないが、国家機密ものの研究じゃないかなあと勝手に創造を膨らませてみる。
しかし、研究者の卵である私にとって、NASAなんてまさしく夢のまた夢。
その親友さんもNASAでのエキサイティングな仕事にさぞかし満足していたのだろうなあと勝手に思ってしまう。
ところがIQ180の考えることは一味違った。
ある日、驚いたことに彼は忽然と姿を消してしまう。
仕事や身の回りのものを全て残したままで、である。
親友である先生にも事前になんの連絡もなかった。
まわりのものは皆ずいぶん心配し、事件か何かに巻き込まれて死んだかもしれないとおもっていたらしい。
三ヶ月間後、彼から先生に連絡があった。

「今、フランスにいるんだ」

生きていることは分かった。
しかし、NASAから消えたと思ったらなんでフランス?なんとフランスでは名前も仕事も変えて、別人として暮らし初めているらしい。
後から分かったことだが、その親友さんの失踪は計画されたもので、はじめからNASAをやめてフランスの宇宙部門で働くつもりだったそうな。
フランス語は、失踪する前から独学で秘密裏に勉強していたと。きっとNASAの極秘情報をフランスに流したりしたんだろうなあ、といろいろ勘ぐってしまうのは私だけだろうか?

本当に頭のいい人は何をしだすか分からんね。
こんな人が本当にいるってことにびっくり。
能力さえあれば名前も変えて、よその国の人間として生まれ変われる世の中なんだなあ、と妙に感心してしまう今日この頃デス。
スポンサーサイト

コメント

カッチョエエ
フランスの美人目当てじゃないの?

  • 2005/07/07(木) 01:53:39 |
  • URL |
  • あかさたな #-
  • [ 編集 ]

それはあの人のことを差しているのかな?

ヒント

ニュースジャパン。

  • 2005/07/08(金) 20:56:28 |
  • URL |
  • tat #0uLC0/Kw
  • [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tatweb.blog15.fc2.com/tb.php/10-9cfa8744
PR

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。