京大生の日本脱出ブログ。

旧理系院生の3×。 国外逃亡を企てる京大大院生の日記。
アメリカ大学院留学に挑戦中!! 





初めての方はこちらの記事へ。



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




初めての方はこちらの記事へ。



インターナショナルトーク2~世界の飲み屋から

超有名ブログ生協の白石さんに

「『援助交際』という言葉は海外でも『エンコー』として、
浸透しているようです。」


と書いてあったので、知り合いの外人何人かに聞いてみましたが、そんな単語、誰も知りませんでした。
どういうこっちゃ。


さて、三日前の「日独中伊NZが入り乱れたインターナショナルトーク」の続きですが。
未読の人はこちらを読んでからお願いします。
研究室の奴に

「早く続き書いてぇ」

といわれて困ること三日。
続編ものにすると、後編はすごいネタが待ってるのでは?と勘ぐられてしまうのがちょっとつらいですね。
今日もだらだら感想ですのであしからず!
ではどうぞ


かくかくしかじかで、ドイツ人に

「次戦争やるときはイタリア人抜きでやろう」

って話そうと思ったんだ。
で、言おうとしたまさにそのとき!

"Hello!!"

と酔っ払いのポーランド人2人組みが登場。
ポーランドといえばドイツに真っ先に占領された国じゃないか~!
このポーランド人はもう既にかなり酔っ払ってて、

「ドイツぅのしゅぅしょうがぁヒトラーのはかぁにおまいりにぃいくのとにふぉんのしゅしょうぅがヤスクニにぃいくのはまたじじょうがちがうとぉおもうよぉ」

とグダグダの英語で話してくれた。
そのろれつの回らなさは日本人が酔っ払ってグダグダの日本語を話すのと同じようなかんじだったですね。

「にふぉんはにふぉんで、どいつはどいつだからねぇ」

とまあ、簡単な文章しか話せんくなるあたりも、日本人の酔っ払いとなんらかわりがない。
この2人は泥酔してたので、彼らをさて置きドイツ人とイタリア軍叩きをしようと思ったのだ。
ところが!!
なんと新たなイタリア人3人組が

"Where arrre you frrrrom??"

と、巻き舌で陽気にご登場!
あちゃ~!
も、もうむりだ・・・・日独同盟は完全に包囲されてしまったのじゃ。
もうさすがにイタリア軍たたきは諦めた。

なんかすごくね?
みんな日本人とドイツ人がこっそり話すのを妨害するかのように入れ替わり立ち代り登場するんだ。
旧枢軸国の人間は辛いね(笑)
(ってイタリア人も枢軸側だった)
いや、もちろん彼らはわざとわれわれの悪巧みを妨害してるわけじゃないんだよ。
自分も連合国だからとか枢軸国だからどうとか思ってるわけじゃなく、
ちょっといたずら心でそういう色分けをしてるだけで(笑)

結局ドイツ人と中国人、ポーランド人は帰って、私とNZ人とイタリア人3人組で他のパブへ。
しかしイタリア人のあの底なしの陽気さはどこから来るんだろう?
人生めちゃめちゃ楽しそうだし。

「日本の大学に来たのは人生をたのしむためさ~」

それに引き換え日本人は、絶対損してる!
もっとはしゃがなきゃ損々!
とにかくイタリアンはいつも上機嫌。
マシンガンのごとく猛スピードで英語しゃべりまくるのでぜんぜんついていけんかった。
しかもNZ人もイタリア人もスペイン語をしゃべれるのでスパニッシュで会話始めたり。
日本人がいかに国際性のない民族かってのを端的に思い知らされましたな。

ほどよく酔いの回った私は端っこでイタリア人3人集のうちの一人、レオとおとなしーく、ちびちびやってました。
レオはイタリア人の割にはおとなしい性格みたいで、ちょっと無口。

「学位とった後はどうするの?」

「う~ん、わかんね。適当にかんがえるよ~」

ってなもんで、大人しくとも楽天的ではあるようです。
まあ、楽天的なのは自分もかわらないか(苦笑)
ちなみにこのレオはかなりいい男。
日本には間違いなくいないね、こんな色男は。

とまあ、酔っ払ってて良く覚えてないけど、二人でおとなしく飲んでたんです。
一方、横のマシンガントーク組は大盛り上がり。
もうその頃には英語に戻ってたけどね。
しばらく話してたら、マシンガン組のイタリア人のうち一人に話しかけられた。
この人は女の人で、博士課程の学生さんらしい。
かなり酔っ払ってた。

「私ね、もうタバコはやめたの。
 体に悪いし、お金もかかるしね。
 何の得もないもの。
 だけどタバコはすごく良いわよ。
 おちつくからね。
 そりゃ本当は私だって吸いたいのよ。
 もう一度吸い始めるのはかんたんよ。
 だけど、私は吸わないわ。
 だって、
 (出だしに戻る)」

とえんえん繰り返し聞かされた。

「うんうん、そうだよねえ」

と相槌を打ち続ける私。
酔っ払いは日本でもイタリアでも同じなんだな。
一緒のことを何回も繰り返すんだよ(笑)
結局皆眠くなってきたんで、それぞれ家に帰りましたとさ。


しかしあれだねえ、

日本人
NZ人
ドイツ人
イタリア人
ポーランド人

が世界の東の果ての酒場で杯を交わす。
面白い世の中ですなあ、本当。

そうそう、イタリア人の巻き舌Rは「ハードアール」って言うらしいですよ。
ハードゲイではないですが。

はい、オチ無し。
スポンサーサイト

コメント

あはは☆面白かったです!
因みに、私の友人は“エンコ一”をしってましたよ。
仏滞在時に仏人に突然これって普通の文化なの?
と聞かれて、一時期確かに凄く言われたけど…
マスコミが騒ぎ立てすぎただけな気もしなくはないけど…
う~ん
とか何とか言ってたら
普通に考えたらmadokaだったらいくらなの?と聞かれました。

あなたの全財産もってきてもたりないわ。
ママに家を売ってお金に替えてもらってから出直しなさい。

と答えたら、ほれられました。笑
日本人男性だったら激怒だったろうな、と思ったり。

  • 2005/08/28(日) 10:23:08 |
  • URL |
  • madoka #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tatweb.blog15.fc2.com/tb.php/27-22ad32b0
PR

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。