京大生の日本脱出ブログ。

旧理系院生の3×。 国外逃亡を企てる京大大院生の日記。
アメリカ大学院留学に挑戦中!! 





初めての方はこちらの記事へ。



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




初めての方はこちらの記事へ。



またロンドンでテロがありましたね。

「アメリカはテロの標的になってるけど、そんなに悪い国じゃないよ」

こないだ近所のパブで出会ったイギリスの心理学者と話しました。
彼の名前は忘れたのだけども、イギリスで心理学の博士号を取ったばかりで29歳。
講師としての就職が決まってるとのこと。
この人にそっくりなイケメンでした。

おしゃべり好きな人で、英語の下手な私の話も根気よく聞いてくれました。

tat「そういえば、こないだイギリスでテロがありましたね。
   やっぱりびっくりしましたか?
   それとも予想してましたか?」

英「ああ、テロね。
  イギリス人にとってテロはそれほど特別なことではないんだよ。
  ベルファストじゃあIRAのテロをしょっちゅう経験してるからね」

tat「ああ、IRAですか。
  やっぱりアイルランドの人はイギリス嫌いなんですか?」

英「う~ん、僕はそんなこと無いと思うけど。
  実際、僕はアイルランド系だし」

北アイルランド人は良いとしても、アイルランド国民はとは本当に仲悪いんですか?っきこうと思ったけど、聞きそびれた。
で、さらに話はアメリカのことに。

「僕の意見では、アメリカが世界から嫌われているのはただアメリカが強すぎるからなんだ。
アメリカがどう頑張ってもテロはなくなりやしない。
アメリカが強い限りね。」

とのこと。
この人と話って思ったのは

イギリス人って冷静だな、

ってことです。
余裕があるというか落ち着きがあるというか。
テロに対して過剰に反応はしないし、世界のことも一歩引いた見方をしているし、冷静で、罵詈雑言などは絶対吐かない。
私の知ってるイギリス人は大体みなこんな感じの人なんですよね。

国まるごと紳士って感じですね。
そんな紳士でも、これだけは言うんですよ、













「ブッシュの アホ め」

この辺に紳士の国イギリスの嫉妬が見え隠れ。
スポンサーサイト

コメント

なるほど!

トラバありがとうございます。
イギリス人が冷静ってのは確かにそうかもしれないですね~。
アメリカの強さもなんだかんだいっても一番。でもアメリカが嫌われるのはその強さを見せびらかしてるみたいなフシがあるからかもしれないですね。
イギリス人がアメリカに嫉妬しててもその冷静な紳士魂はやっぱり大人な気がしました。

  • 2005/07/22(金) 16:38:17 |
  • URL |
  • こぶた #-
  • [ 編集 ]

書き込みありがとうございます~
だけど、紳士の嫉妬は怖い(笑)

こぶたさんのところで

「我々日本人はどうでしょうか。newsweek記者は日本人もイギリス同様の対処をするだろうといいます。
サリン事件や阪神大震災、そして原爆といった惨事から立ち直った日本はテロにも負けたりしない、と。
イギリスと日本がアメリカと違うのは歴史だとある人は言いました。」

とありましたが、本当にそうだと良いですね。
もちろんテロなんてないことを望みますが、万が一日本がターゲットになったっ場合でも、マスコミが必要以上に盛り上げないことを祈るのみですね。

  • 2005/07/22(金) 16:45:57 |
  • URL |
  • tat #-
  • [ 編集 ]

アメリカ在住のものです。実は所用で(なんてことはない、ハロッズの
バーゲン目当て☆)7月初旬にロンドンに滞在していました。
そして、NYに戻ってきたのがあのテロのあった前日です!
もうあと一日ズレていたら・・・巻き込まれていた可能性があり、
標的になった地下鉄も毎日利用していたので、CNNを見てぞっとしました・・・・。
イギリス人とアメリカ人はかなり違うと思います。
どちらかというと、イギリス人は日本人に近い感じがしますね。
色々と理由はあると思いますが、長い歴史、「女王陛下(日本では
天皇)」が現在も国民のアイドル(象徴)として君臨している、それから、
イギリス紳士の「武士は食わねど高楊枝」的な、誇り高き振る舞いには
昔の武士道を彷彿とさせます。
日本人に対しても好意的で、ある種の敬意を払っている部分もあるように感じました。 
テロはあったけど、また機会があったらロンドン行きたいですね。

  • 2005/10/04(火) 20:30:18 |
  • URL |
  • みゆ #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tatweb.blog15.fc2.com/tb.php/41-7e9534fc

テロに勝つ!

ロンドンでまたテロです。幸い不発だったらしく被害はそれほどなかったようですが、やるせなさをおぼえます。先週のnewsweekにテロ後のイギリス国民の記事がありました。イギリスのブレア首相は「イギリスはテロに負けない!!」と宣言しました。よくある言葉ですが

  • 2005/07/22(金) 18:51:59 |
  • こぶたの英語漬け~addicted to English!
PR

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。