京大生の日本脱出ブログ。

旧理系院生の3×。 国外逃亡を企てる京大大院生の日記。
アメリカ大学院留学に挑戦中!! 





初めての方はこちらの記事へ。



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




初めての方はこちらの記事へ。



驚異のプロ集団CIAに就職する その3

さてさてCIAシリーズその3です。
過去記事を未読の方はその1その2を先にどうぞ。

さてさて、今日はCIA離れした職種の紹介。
「こんな普通の職種もありました編」です。


Librarian
Salary:$43,365 to $74,782
司書
給料:520-897万円

We are seeking trained, innovative, customer-service oriented applicants to join the CIA Library.
CIA図書館は訓練された創造的で顧客サービス指向の志願者を求めています。



CIAに図書館なんてものがあったんですね。
といっても普通の図書館みたいじゃなくて、CIAの内部文書を保管・整理している部署のことでしょうか。
しかし司書って結構給料良いんですね。

応募資格を得る条件として、library/information scienceの修士号って書いてありました。
図書館科学?
そんな学問あるんですかね?
さらにこんな条件もありました。


To be considered suitable for Agency employment, applicants must generally not have used illegal drugs within the last twelve months.
過去12ヶ月間に違法ドラッグを使用していないこと。



13ヶ月前だったらいいんだろうか・・・(笑)

はい、次いきます。
次は(私の見た中で)一番給料の良い職種の紹介です。



Attorney
Salary:$57,715 to $135,136

弁護士
692-1620万円



給料ダントツです!
大きく1000万を超えました!
昨日の武器分析官の2倍ほどあります!
やっぱり弁護士の給料はええんやね、日本でもアメリカでも。
CIAではどうやら医者も採用しているようでしたが、弁護士ほどの給料ではありませんでした。
おそるべし弁護士。
仕事の内容・応募資格は説明不要でしょう。

さあさあ、他にはこんな仕事もありました。


Bookbinder
Salary:$35,089 to $63,835
製本業者
年収:420-766万円



軍隊までアウトソーシングの時代だというのに、CIAでは製本業者まで抱え込んでいるみたいです。
秘密が漏れたら困るから、当然っちゃあ当然ですかねぇ。

さてさて、もう職種紹介はこの辺でいいでしょう(ネタも尽きてきましたから)。
そろそろどの仕事に出願するか決めないとだめですね!
だけど今まで紹介してきた職種、どれも自分にはできそうにないし、もしできたとしてもピンと来ないんだよなあ・・・・・
う~ん、なんかいい仕事ないかなあ・・・













自分にもできて、ちょっとかっこいい仕事。
映画っぽい仕事。
スパイだけがCIAじゃないとか言っておきながら、やっぱりハリウッド映画的なことがしてみたいのですよ。
いい仕事ないかなあ・・・

























あ、ありましたっ!!!

つづく(ごめんなさい)。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tatweb.blog15.fc2.com/tb.php/55-daa38188
PR

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。