京大生の日本脱出ブログ。

旧理系院生の3×。 国外逃亡を企てる京大大院生の日記。
アメリカ大学院留学に挑戦中!! 





初めての方はこちらの記事へ。



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




初めての方はこちらの記事へ。



財布の中の大日本帝国。

アメリカ大学院入試問題研究の途中ですが、昨日、不思議なことがあったのでその話を書きたいと思います。

昨日、私は学校に行くためバスに乗ってました。
降りるときにバス賃220円を用意したところ、何か違和感を感じたのです。
なんだ?これ?
100円と思っていた硬貨を良く見ると、なんと、







coin_1.gif


五十銭

と書かれているではないですか!
そして裏側には、

coin_2.gif


大日本
昭和十二年


と書かれています!
なんと私の財布に大日本帝国時代の五十銭硬貨が紛れ込んでいたのです!
○×△□yhgtだksvkvらwcんk!!
私はあわててその五十銭硬貨をしまいこみ、普通のお金でバスを降りました。
そして、大日本帝国時代の硬貨がいま自分の手元にあるなんてなんてロマンチックなんだろう・・・・と胸ときめいておりました。

いったいこの戦前の遺物はどこから私の財布に舞い込んだのでしょうか?
見た目は100円玉にそっくりですので、昨日連れと飲みにいった居酒屋のレジの中に100円玉として紛れ込んでいたものがおつりとして私の手に渡ったのかもしれません。
また、サイズはちょうど10円玉くらいですので、自動販売機のおつりとして間違えて出てきたのかもしれません。
どちらにせよすごい偶然の結果、この手にあるわけです。
すげー。

しかし、この硬貨、いったいどういう素性なんでしょうか?


この古銭、調べたところによると、

小型五十銭銀貨

という名前のようです。
大正中期、銀の高騰とともに流通硬貨の銀の分量を抑えることにした政府は、より銀純度の低い硬貨としてこの硬貨を流通させたそうで、昭和13年のものは製造枚数が極端に少なくプレミアがついているらしいです。(おいしいことに、一年違い!)

この小型五十銭銀貨はいわゆる古銭(こせん)であって、非常に珍しいものであるのは間違いないようですが、自動販売機のおつりに混じっていたりするなど昭和13年のもの以外は「超」がつくほどの逸品ではないようです。
(どうやらこの古銭は自販機のおつりとして紛れ込んだようですね)

で、気になるのは、












この古銭の値段でしょ、やっぱり。
いくら超がつかなくてもそこそこの値段するんじゃないの?
えへへへ・・・・












といわけで古銭商のページを閲覧していると・・・・












あった!












値段は・・・・・


















えっと・・・


















3000円。


・・・・・微妙(笑)
高いわけでもなく安いわけでもなく。
飲み会一回分相当ですね。
ロマンを取るか、酒を取るか。
・・・・・今回はロマンにするか(笑)
しかしものすごい偶然に出会ったものです。













え?

オチ?

う~ん

オチ・・・・

オチ・・・・






おち○ぽ!

スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2005/08/08(月) 23:37:21 |
  • |
  • #
  • [ 編集 ]

すんげ

もんのすごい偶然ですね!こういうの興奮します!
そんなことあるんだぁ。

¥3000って十分すごいですよ…。

  • 2005/08/09(火) 00:18:33 |
  • URL |
  • Itoh #-
  • [ 編集 ]

五十銭

うん、すごい!
世にも奇妙~!!イイナー★

  • 2005/08/09(火) 09:31:20 |
  • URL |
  • まぶ #-
  • [ 編集 ]

>Itohさん&まぶさん

コメントありがとうございます!
この硬貨、本当に100円玉に似てるんですよ。

もし使ったら2900円の損なので、注意しなくては・・・・
法律的には90円と50銭分の詐欺をしたことになるのかな?

  • 2005/08/09(火) 13:35:59 |
  • URL |
  • tat #0uLC0/Kw
  • [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tatweb.blog15.fc2.com/tb.php/66-f19c557d
PR

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。