京大生の日本脱出ブログ。

旧理系院生の3×。 国外逃亡を企てる京大大院生の日記。
アメリカ大学院留学に挑戦中!! 





初めての方はこちらの記事へ。



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




初めての方はこちらの記事へ。



五ヶ国語を操るマオリの青年。

私にはニュージーランド人の友達がいる。
そいつが、実はマオリとのハーフだったということが最近分かった。
見た目が白人なので、てっきり100%のイギリス系だと思っていたが。
ちなみにマオリとはNZの先住民族のことである。

お父さんはスコットランド出身。
親戚はイギリスやオーストラリアにもいるらしい。
インターナショナルガイ。
世界中に家族がいるなんて、ちっとうらやましい。
私なんてちっぽけな極東の島から出たことがない。
マオリ族のお母さんに育てられたためマオリ語はある程度話せるらしいが、
やっぱりメインは英語だそうだ。
大学ではドイツ語、スペイン語、日本語の3言語を習得した。
つまり彼は五カ国語を話すマオリの青年なのだ。

「もし、マオリとして生きるかイギリス人として生きるか決めろって言われたらどっちを選ぶ?」
と聞いてみた。すると、
「う~ん、自分の人種なんてどっちでもいいよ」
って。
自分は自分、人種なんて関係ない。
そういう考えなんだろう。

彼は無宗教だし、人種に対するこだわりもない。

去年、世界を知りたいと祖国を飛び出した。
今、世界は宗教・人種問題で紛争がたえないが、
未来の地球ではみんなが彼みたくなっているかもしれない。
それでだけで紛争がなくなるとは思わないが。

彼は、
「明日は合気道の練習にいく」
と言ってた。
いまは合気道を通して日本の文化を学んでいる。

「日本での仕事が終ったら、ニュージーランドに帰るの?」
と聞いてみた。
すると、
「日本の次はどこかまた別の国に行くつもり」
と。
まだまだ世界を見て回るつもりのようだ。

マオリの息子、世界を行く。

彼とはよく酒を飲みに行く。
先週末も、一緒に飲んだ。
酔っ払った彼は、裸になって踊り始めた。
そんなのご愛嬌である。

  自分も、彼みたいにしがらみを脱ぎ捨てて世界に飛び出したい。

そう思った。
でも、

  しがらみは脱ぎ捨てても良いが、
  パンツまで脱ぎ捨ててはいけない。(笑)


とも思った。
特に、路上では。

このニュージーランダーについてはまた書いていこうと思う。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tatweb.blog15.fc2.com/tb.php/7-09b0ec29

マオリについて

マオリマオリ (Māori) は、イギリス人が入植する前にニュージーランドに先住してきた形質的・文化的にミクロネシア、ポリネシア系に属する人たちを言う。マオリとは、マオリ族の用いる言語マオリ語で人間という意味。 考古学的にはクック諸島・ソシエテ諸島が起源とさ

  • 2007/03/11(日) 06:56:22 |
  • 『旅の友』 ニュージーランド
PR

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。