京大生の日本脱出ブログ。

旧理系院生の3×。 国外逃亡を企てる京大大院生の日記。
アメリカ大学院留学に挑戦中!! 





初めての方はこちらの記事へ。



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




初めての方はこちらの記事へ。



日本人の知らないあの事件。その2

昨日の続きです。

1910年12月。
ケンブリッジ大学卒にもかかわらず無職のウィリアム・コール青年(29)は、海軍に電報を打った。

アビシニアの王子がドレッドノート号を見学に来るので、至急準備するように。

という内容だった。
差出人の名前はイギリス外務次官。

ウィリアム青年はすぐさま友達五人を呼び寄せ、計画実行に移った。
肌を黒く塗り、エキゾチックな衣装を着る。
仲間のうち2人は普通のイギリス人の格好のままで背広で正装をさせ、通訳役にした。
ニセ外交使節団の出来上がりである。

そう、彼ら無職のイギリスの若者こそがドレッドノートに乗り込んだアビシニア人たちの正体だっのだ。


ロンドンはパディントン駅に降り立ったウィリアム青年一行扮するアビシニア使節団。
まずはドレッドノートが係留されている港まで行かなくてはならない。
そこで、通訳役が鉄道会社に、

我々はアビシニア王室からきた。
特別列車を用意するように。


と堂々と言った。
偽造した外務省からの文書とともに。
鉄道会社はすんなり彼らをVIPであると思い込み、大急ぎで特別列車の特別席を用意したらしい。

そして港に到着し、特別列車から降り立った彼らは近衛兵に盛大に迎えられ、海軍将校たちの案内でまんまとドレッドノートに乗り込んだのだ。
もうこの時点で彼らは完全にアビシニアの人間だと思われていた。
本当は無職のぷータローなのに・・・・(笑)

ウィリアム青年たちはもちろんアビシニアの言葉など分からないので、でたらめのラテン語を話したそうだ。
それが、

「ブンガ ブンガ」

である。
ここでもう一度あのやり取りを思い出して欲しい。

海軍の幹部達が通訳に最新鋭の戦艦の軍事機密を説明し、通訳がそれをアビシニアの言葉に訳す。
「ブンガ、ブンガ。」
感動したアビシニア人がなにやら現地の言葉で会話する
「ブンガ! ブンガ!」
そして、
「ブンガ・・・・・ブンガ?」
アビシニア人が質問する。
通訳がそれを訳す。
幹部達がそれに答える。


海軍は完全に馬鹿にされていますな(笑)。
どこの馬の骨とも知らない無職の青年たちに「ブンガブンガ」と質問されて、まともに答えているわけですから。

途中、ウィリアムの仲間(アビシニア王子の側近役)の人間がくしゃみをした際に付け髭がとれるというアクシデントが発生したが、誰にも気付かれないうちに付け直し、事なきを得たそうだ。

かくして彼らは見事に世間の目を欺き数多くの人間を振り回して、最終的には最新鋭戦艦ドレッドノートの中身を見て回ることに成功した。
しかし、ウィリアムたちの目的はなんだったのであろうか?
彼らが言うには

「イギリス海軍の脇の甘さを世間に知らしめるため」

だったそうだが、誰がどう見ても単なるいたずらである。
変装を解き無事に帰宅した彼らは、変装準備などの様子を写した写真と、全ては単なるイタズラであったと書いた手紙を大衆写真誌ミラーに送った。
この手紙が発端でこの話は大きな社会問題になった。
マスコミはこの事件を「ドレッドノート事件」または「ブンガブンガ事件 (bunga-bunga affair)」と名づけてとりあげ、海軍の危機管理体制の甘さを問題にしたのだ。
世間は海軍を嘲りの的にし、結局海軍が大恥をかくことになった。

怒り狂った海軍はウィリアム青年のもとにおもむき、罰を与えようとした。
しかし、驚いたことに彼らはイギリスの法律を一切侵していなかったのだ。
それどころかウィリアムは海軍将校に対しこう言い放った。

"It is you who should be caned because you have been fooled in the first place."
「罰せられるべきは海軍だよ。そもそも君らが馬鹿にされれるようなダメなことをしてるんだぜ?」


以上がドレッドノート事件のあらましである。



いや~海軍の最新鋭戦艦にもぐりこみ、だれも捕まえることができないなんて!
このウィリアム青年、何かルパンみたいなひとですね。
そしてまた海軍に言い放った嫌味が超痛快(笑)

実はこのウィリアム青年、イギリスでは結構有名なイタズラ好き(prankster)で、他にもいろんなイタズラをしてるんです。
どれも今回紹介したドレッドノート事件ほどではないにせよ、権力を馬鹿にした、痛快なものばかりなんです!
次回はウィリアム青年の数々のイタズラをご紹介したいと思います。
お楽しみに~

ブんガ、ブンガ!(サザエさん風)
スポンサーサイト

コメント

へ~そんな人いたんスネ。
70へぇ!

  • 2005/08/12(金) 20:46:19 |
  • URL |
  • ちょうさん #qx6UTKxA
  • [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2005/08/12(金) 22:56:14 |
  • |
  • #
  • [ 編集 ]

すごいでしょ!
自分もこの人のこと調べてて、爆笑してしまいましたよ!

  • 2005/08/13(土) 14:31:17 |
  • URL |
  • tat #0uLC0/Kw
  • [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2005/08/14(日) 17:44:06 |
  • |
  • #
  • [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tatweb.blog15.fc2.com/tb.php/72-5b58fb07
PR

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。