京大生の日本脱出ブログ。

旧理系院生の3×。 国外逃亡を企てる京大大院生の日記。
アメリカ大学院留学に挑戦中!! 





初めての方はこちらの記事へ。



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




初めての方はこちらの記事へ。



MI6に入ってジェームスボンドになろう。その2

昨日もお伝えしたようにMI6はかなり秘匿性が高い組織で、ホームページすら存在せず、イギリス人にとっても、誰がいつ、どのような方法でリクルーティングされるか全く分からない謎の組織だという。

採用者はどうやって採用されるのか?
噂によると、MI6が目をつけた人物には、ある日突然招待の手紙が送られてくるのだとか。
しかも、それはMI6から届くのではなく、表向きはForeign and Commonwealth Office website(略称FCD, 外務英連邦省)から届くことになっているらしい。
嘘のあて先から手紙が届くとはさすがスパイ機関、まさしく007の世界そのものである。

このFCDはMI6の上部機関というわけではないのだがMI6と関連が深いようで、ある情報によると、MI6がなにかをおおっぴらに公募するときにはFCDのウェブサイトを通じて行うらしい。
もちろんMI6の活動であると公開せずに、である。

例えばおどろいたことに、FCDに就職しようとした人間が応募した職種が実はMI6の任務だった、ということが実際あったそうだ。
つまり、MI6がFCDのウェブサイトを通じてリクルーティングを行ったことがあるということである。
まあそれすらも噂なのだが。

以上の噂が本当なら、考えようによってはFCDのホームページこそがMI6のページであるとも取れるのだ。
たしかに、MI6がいくら秘密組織だからといって、ホームページを持たないのはやはり活動をする上で不都合があるのだろうか。

で、そのFCD経由の採用がらみで今回いろいろと調べているうちに面白い話を聞いたのだ。


それは、

MI6がまたFCD経由で採用を始めた。

という話である。
しかも今回の募集は、FCDに化けて秘密裏に行うわけではなく、MI6として公式に募集をしているらしい。
この出来事は相当センセーショナルなことらしく、一部の日本の新聞でも報道されたようなのでご存知の方もいらっしゃるかもしれない。

というわけで、FCDのページをサーチしてみる。
MI6の正式名称であるSISで検索をかけたところ、FCDウェブサイト内のSISの紹介ページが見つかった。

The Secret Intelligence Service (SIS), commonly known as MI6, is a Crown Service responsible for obtaining secret information and conducting operations in support of the UK’s foreign policy objectives, and to counter threats to UK interests worldwide. This involves a variety of activities, including conducting operations to obtain intelligence and working to disrupt threats to UK citizens or assets.

という一般的な紹介のあとに、

SIS is separate from other Government departments, with its own terms and conditions and recruitment procedures.

MI6(SIS)は他の英政府機関とは完全に独立しており、独自の規約、条件、採用方法をもっている。


とだけ書かれていた。
独自の採用方法、とだけ書かれている。
具体的な手続きは書かれていないのか?
と思ってこのページを良く探してみると、

Getting in Touch
If you would like to apply for SIS positions please send your CV to: P.O. Box 1300, London, SE1 1BD specifying which of the positions you are interested in.

連絡方法
もしMI6(SIS)で働きたいのなら、希望の職種を書いて以下の住所に履歴書を送ってください。


と一行だけ書かれている。
採用方法が一行だけしか書かれていなくて、応募要領なども全く書かれていないのが驚きだが、そこはさすが隠密組織MI6、公開採用といってもあくまでこっそりしか活動しないのだろう。

というわけで、今回分かったのは履歴書をロンドン郵便局 私書箱1300に送れば、選考に加えてもらえるということだ。


まったく、滑り止めの仕事探しに結構な労力じゃないか(笑)

つづく。
スポンサーサイト

コメント

こりゃ、未来のジェームスボンドとブログのリンクしてるなんて、のちのち価値アリ(オイ

なんか、逆アクセスランキングでオイラのサイト発見w
ちょっとうれしいかもw

  • 2005/08/20(土) 01:33:47 |
  • URL |
  • d@i #-
  • [ 編集 ]

d@iさんへ。

MI6入った暁にはd@iさんに仕事頼むかもよ~
覚悟しておくべし!!

  • 2005/08/28(日) 05:12:45 |
  • URL |
  • tat #0uLC0/Kw
  • [ 編集 ]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

  • 2007/02/21(水) 21:36:34 |
  • |
  • #
  • [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tatweb.blog15.fc2.com/tb.php/80-1ac5d672
PR

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。